レーザー加工とイラストレーター

「レーザー加工」をやってみたいと、セミナーに行ってきました。

 

 

レーザー加工のデータは、イラストレーターで作成するため、

イラストレーターソフトの使い方解説付きです。

今さら基礎も…と思いましたが、講師から改めて教えてもらうというのも新鮮で、楽しいひと時でした。

そして、レーザー加工!

イラストレーターで作成した線の通り切断し、文字も彫刻し、簡単なキーホルダーを作成。

こんな感じで作るのか~と感心しながら、プラバンを加工します。

 

 

今回は、猫のテンプレートをイラストレーターでアウトライン化しましたが、

初心者の参加者さんたちは、曲線を描くのが難しそうでした。

そうなんです。イラストレーターのソフトは、ベジャ曲線と言ってペンツールでなぞる方法にコツがあるのです。

これが自由にできると、トレースもお手の物!

よくキャラクターや、ロゴのトレースをする事がありましたが、

イラストレーター初心者さんたちにも、たくさんトレースをしてベジャ曲線を描く練習をオススメしますよ  🙂